住宅展示場もVRの時代に?

最近、PS VRにどっぷりはまっています。

PS4は前から持っているし、PS VRが1万円値下げされたのをきっかけに買ってみることにした。

いろんなゲームをやってみたけど、やっぱり面白いというかVRの醍醐味を感じる事ができたのはバイオハザードだ。

キッチンというバイオハザードの体験版みたいなのをやった時に、十分すぎるほど、VRの仮想の世界に入り込めたので、本編もやらないわけにはいかないと思って買いました。

プレイしてみた感想としては、世間で言われているほどVR酔いというは感じなかった。

自分が体質的にVRに強いのか、それとも、スマホにゴーグルを着けてVRを既に体験済みということもあったのかもしれない。

ただ、酔わないものの、ゲームの仮想の世界にどっぷりハマってしまって、とにかく怖い。

仮想の世界だと分かっていてもホラー映画を見ているのと同じで、急に何か出てきたりしたらびっくりするし、常に身構えているから、心臓に悪い。

多分、実際心拍数は常に高くなっていると思う。

もともと、心拍数が高いから気をつけなければならない体質だし、怖さに耐えられずに、結局VRでプレイするのは断念した。

VRのすごさをまざまざと感じる事ができた。

おそらく、VRはいろんなところで、これから急速に普及していくと思う。

私の仕事である住宅業界でもVRが取り入れられていくと思う。

分かりやすいのが、モデルハウスだろう。

モデルハウスの維持費は本当にバカにならないし、その効果も年々薄れてきているのが現実だ。

もし、VRでいろんなモデルハウスの中に入って、その家の中を仮想の世界で歩き回る事ができたら、もはやモデルハウスの役目は終わると思う。

一気に全てが変化するとは思わないが、これから少しずつ、確実にモデルハウスとか建築物のパースなどがVRで実際の建物を見て触って感じるのと同じくらいのレベルでVRで体験できるようになると思う。

時代の流れとしても、今まで高収入とか難関資格とされていた弁護士(司法試験)、公認会計士、医者(医師試験)よりも、オラクル認定Javaプログラマー資格のような実践的で世界的に通用するIT資格の人気が急激に高まっている。

完全に時代の潮目が変わったと感じている。