住宅展示場もVRの時代に?

最近、PS VRにどっぷりはまっています。

PS4は前から持っているし、PS VRが1万円値下げされたのをきっかけに買ってみることにした。

いろんなゲームをやってみたけど、やっぱり面白いというかVRの醍醐味を感じる事ができたのはバイオハザードだ。

キッチンというバイオハザードの体験版みたいなのをやった時に、十分すぎるほど、VRの仮想の世界に入り込めたので、本編もやらないわけにはいかないと思って買いました。

プレイしてみた感想としては、世間で言われているほどVR酔いというは感じなかった。

自分が体質的にVRに強いのか、それとも、スマホにゴーグルを着けてVRを既に体験済みということもあったのかもしれない。

ただ、酔わないものの、ゲームの仮想の世界にどっぷりハマってしまって、とにかく怖い。

仮想の世界だと分かっていてもホラー映画を見ているのと同じで、急に何か出てきたりしたらびっくりするし、常に身構えているから、心臓に悪い。

多分、実際心拍数は常に高くなっていると思う。

もともと、心拍数が高いから気をつけなければならない体質だし、怖さに耐えられずに、結局VRでプレイするのは断念した。

VRのすごさをまざまざと感じる事ができた。

おそらく、VRはいろんなところで、これから急速に普及していくと思う。

私の仕事である住宅業界でもVRが取り入れられていくと思う。

分かりやすいのが、モデルハウスだろう。

モデルハウスの維持費は本当にバカにならないし、その効果も年々薄れてきているのが現実だ。

もし、VRでいろんなモデルハウスの中に入って、その家の中を仮想の世界で歩き回る事ができたら、もはやモデルハウスの役目は終わると思う。

一気に全てが変化するとは思わないが、これから少しずつ、確実にモデルハウスとか建築物のパースなどがVRで実際の建物を見て触って感じるのと同じくらいのレベルでVRで体験できるようになると思う。

時代の流れとしても、今まで高収入とか難関資格とされていた弁護士(司法試験)、公認会計士、医者(医師試験)よりも、オラクル認定Javaプログラマー資格のような実践的で世界的に通用するIT資格の人気が急激に高まっている。

完全に時代の潮目が変わったと感じている。

住まいの参考に訪れた住宅展示場

今回は住宅展示場でモデルハウスを見学した時の事を書きます。

モデルハウスを見に行ったと言っても家を建てるとかリフォームするとかではなくて、家の中を模様替えしたく参考にしようと訪れたのが住宅展示場でした。

模様替えだけなら大型家具店などでも参考にできるのですが我が家はやがて将来的にはリフォームする予定もあり、それまでの間を快適に過ごせるようにするための見学でした。

以前実家の建て替えの際に訪れた事のある住宅展示場はどこも聞き覚えのあるようなメーカーが多く、立派で見てるだけで心が踊るような建物が並んでおります。

よくテレビコマーシャルなどで見る事がある所を何件か見てみようと訪れました。

入口(玄関)からして規模がでかく圧巻です。

やっぱりモデルハウスはプロのインテリアコーディネーターなんかが徹底的に考えて作っているので、おしゃれな置物がウエルカムな感じでセンスの良さがうかがわれます。

リビングやキッチンも最新の設備があり家具などの配置もゆとりある空間せいか収まりが良いです。

同行してくださる営業さんも気さくな感じで説明して話かけてくれます。おしゃれな色使いや同線の使い方は参考になります。

トイレや洗面お風呂なども使用してないせいもありますが綺麗で小物がところどころに置いてありよい雰囲気です。

2階に上がり個室を除くとベッドが置いてあり質感もゴージャスでしたがどの家にもあるような雰囲気ではありませんでしたが憧れる風景でもあります。

壁紙の色も素敵でとても参考になりました。本格的なリフォームはまだ先ですが低予算で模様替えするにはよいヒントが得られたと思っており住宅展示場に来てよかったと思いました。

実家の二世帯住宅について。

私の実家は二世帯住宅です。私の両親が二階部分で暮らしていて、一階部分に弟の家族が暮らしているタイプの二世帯住宅になります。

一部共用型の二世帯住宅という部類に入るかと思います。二世帯住宅のタイプや二世帯住宅の価格と相場についてはこちらが参考になります。

両親と弟家族が二世帯住宅を建てたのは、今から約10年くらい前の事でした。

二世住宅にした理由としては、以前の家が古くなった事が一番の理由でした。

私は既にお嫁に出ていたでので、その家に住むわけではありませんが、両親の配慮で実家へ子供や夫を遊びに行った時に泊れる様にと、部屋を造ってくれる配慮があったので、私も手伝いの意味で、住宅ローンを組む時に一緒に銀行へ同行したり、建築業者とも立ち会いました。

私が外から見てての二世帯住宅のメリットとデメリットを書かせてもらいます。

まず、デメリットは二世帯住宅でも玄関の一つにした事は少し不便な様な気がしました。

身内ですが、今や外部の私が遊びに行くときなどは、いちいち弟家族の玄関でもある部分を通るので、毎回挨拶をするのは、私も向こうも大変だと感じます。 入り口が一つと言う事は、後になり家族全員が別にすれば良かったと言っていました。

次に両親世帯が二階部分で生活をしていますが、二階の方が断線日当たりが良いので、一階の弟家族には申し訳ないと感じる点から、どちらが上とか下とかの問題の取り決めては難しいと感じました。

メリットに関しては、お互い具合が悪い時などにすぐに助け合える点や、お互いが用事で出かける時でも、ちょっと夕飯の支度をお互いが助けることが出来る点は二世帯住宅の良い点だと感じます。

また二世住宅の場合は全員が留守になる事が少ないと思うので、防犯面ではとても安心できると感じます。

冬場は家に居る方が夕方になると暖房をつけて置いてあげるとか、真夏はエアコンを入れて置いてあげるとかも出来るので、生活はしやすいと感じます。

総合的に見ると、とても賑やかですし、家族が助けあえるという点から見ても、二世帯住宅の暮らしはとても快適だと外から見ている私は感じています。

移り住んだ中古の一戸建て

去年、中古の一戸建て物件を買ったというか、買い替えをしました。

というのも、それまでは夫婦でマンションで暮らしていたのですが、会社の業績が悪化してきていて給料も目減りしてきて、ローンの返済や老後の生活への不安を感じ出していました。

これからもまだまだローンを返済し続けるよりも、マンションを手放して、その売却益で購入可能な一戸建てを持とうということになりました。

中古物件はたとえ建物の価値はなくとも、しっかりと建っていればずっと使えますし、何よりも土地が資産になりますから残すことができます。

また、最近はローコストハウスメーカーでもしっかりとした造りの家を建てる会社が増えているようなので、中古物件でもどのハウスメーカーが建てたのかというのを調べると参考になります。

そこで思いきってマンションの売却と同時に中古の一戸建てを購入して、不動産ローンの整理もしてしまうことにしました。

ところが後々にわかってきたことですが、訪れた不動産会社はあまりいい物件を紹介する力が在りませんでした。

夫婦二人で住みたいのにやたらと広い物件を紹介したり、治安に不安を感じるところだったり、その都度足を運んでいたのですがどれも気に入る要素がほとんどありませんでした。

むしろ不動産業者に対する不信感を募らせるとともに、何度も週末が徒労に終わることに疲れを感じるようにもなってきました。

次第に今のマンションからは出た方がいいのはわかりつつも、次の住まいを探すのが嫌になる時期がありました。

そこで気持ちをリセットする意味でも別の不動産会社に行き、目線を一度変えて物件探しをすることにしました。

そこはこじんまりとした家族経営の不動産会社で、はじめはさほど期待していませんでした。

しかしとても和やかな雰囲気のところであらゆる相談に真摯に受け答えをしてくれ、すぐに信頼をしました。地域にしっかりとネットワークを持っているようで、いくつもの夫婦で住むのにちょうどよさそうな物件をすぐに紹介してくれました。

むしろ複数の物件の中から選べるとは思っていなかったので、現地も訪れながら真剣に決めることができました。

どの不動産会社を頼るか次第でいい物件にありつける紙決まるのだと思いながら暮らしています。

頭痛薬に頼らない生活を。

1ヶ月に必ず2度以上は頭痛で苦しんだり、頭痛薬を飲んで寝たりという生活が当たり前になっていました。

頻度で言えば多くはないかも知れませんし、知り合いは3日に1度以上頭痛薬を飲まなければ頭痛持ちとは言わないと豪語していたので私はもともと大したことがないのかもしれません。ただそのいつなるかわからない頭痛、そして外でなってしまい薬も持ち合わせがなくなく、頭がガンガン、吐きそうになる1日をどうにか食い止められないか、予防できないかと色々試しながらよかった方法を書きます。

簡単過ぎる、またはそんなことかと思うことかもしれませんが、肩こり、睡眠不足、運動不足を解消するということが大切です。運動においては体をひねる、首を回す、肩を上げ下げする、エレベーターではなく階段を使うなど日常のことで良いのです。

そして頭を使いすぎた時は寝る。頭を使っている時は自然と頭部や首周りに力が入っているためどうにかリラックスすることが大切なのです。そしてもう一つ、足の親指をくまなくマッサージすることです。これはマッサージ師の方に聞きそのご夫婦は毎日自分でマッサージをしているので頭痛にならないし、頭痛薬が家には必要ないと言うのです。ですからこれも大きな効果があると思います。

その方が言うには足の親指は頭痛になってからでも間に合うツボだということですが、私はなってしまうとなかなか効く気がしないので予防に行っています。また女性に多い頭痛は生理周期とも関係していると聞きますがなるべく常に水分を取り、生理前は水分を溜めやすくむくみやすいので、体調の良い時に水分を多めに取って老廃物をどんどん出すようにしています。できるなら1ヶ月のバランスで自分の体調と向き合うと良いと思います。

これらのことを少し注意しているだけで、もう半年間頭痛薬を飲まずに生活できているのです。今月は薬を飲まずに過ごせたと思うことは自信につながります。できるだけ薬には頼らない方法を見つけることが大事です。

例えば、フィーバーフューも片頭痛の予防に効果があると言われているので、片頭痛予防のサプリメントを使うのもおすすめです。

実は最近一度頭痛になり薬を飲もうかと思いましたが、部屋が暑かったので、逆に外の寒い風にあたり、少し安静にしながら首と親指をマッサージし、コーヒーを飲んだらすっかりよくなり、すぐには薬に頼らないですむようになりました。

ブログ始めました。

今日からブログを始めました。

これが初めての投稿となりますが、これからもよろしくお願いします。

私は大手のハウスメーカーの1つであるダイワハウスというところに、新卒で入社して、それから約10年くらい働いていました。

皆さんも一度は行ったことがあると思いますが、住宅展示場にはたくさんの豪邸が並んでいますよね。

住宅展示場では、各ハウスメーカーが最新の技術を使って超豪華なモデルハウスを建築して、たくさんあるモデルハウスの中で来場者の目を引くように競っています。

要するに目立たないと自分のハウスメーカーに興味を持ってもらえないので、どうしても派手で豪華で非現実的な家ばかりが立ち並んでしまうという事情があります。

そのモデルハウスで私は営業マンをしていました。

今は、全く別の仕事をしているのですが、その時に得た知識や経験を元に、これから家づくりをしようと考えている人に何か書けることはないかと考えて、ブログでも始めてみることにしました。

ただ、あまり堅くならないように、あくまで自分の個人的な趣味のブログという位置付けで自由にテーマにもそれほどこだわらず書いていこうと思います。

時々、このブログのタイトルにもなっているように、ハウスメーカーの資料請求、カタログ請求について書こうと思っています。

なぜ、そんなブログの名前にしたかというと、私の経験からしてもハウスメーカーのカタログ、パンフレット、資料というのはたくさんの種類があって、本当に力を入れて作られています。

紙質も他業種と違って、お金がかけられているので、触って見ているだけでも楽しめるようになっています。

そういう部分にコストをかけすぎているから建築費が高くなるという意見もあるのですが、ハウスメーカーの大事な仕事の1つはお客様に夢を売ることです。

本当にただの夢だけを見せて実際の建物はスカスカというのでは話になりませんが、夢を見ていただくというのは本当に大事なことなんですよ。

だからモデルハウスで資料をもらうにせよ、ホームページから資料請求するにせよ、皆さんが手に入れることができるハウスメーカーの資料というのは使い方によっては家づくりのための秘訣がたくさん詰まっているのです。

その資料請求の方法や、活用方法などをお伝えできればと思っています。

また、たくさんあるハウスメーカーの中からどうやって自分に合っている住宅メーカーを選べばいいのかのコツなども経験から少しずつ書いてきたいと思っています。