実家の二世帯住宅について。

私の実家は二世帯住宅です。私の両親が二階部分で暮らしていて、一階部分に弟の家族が暮らしているタイプの二世帯住宅になります。

一部共用型の二世帯住宅という部類に入るかと思います。二世帯住宅のタイプや二世帯住宅の価格と相場についてはこちらが参考になります。

両親と弟家族が二世帯住宅を建てたのは、今から約10年くらい前の事でした。

二世住宅にした理由としては、以前の家が古くなった事が一番の理由でした。

私は既にお嫁に出ていたでので、その家に住むわけではありませんが、両親の配慮で実家へ子供や夫を遊びに行った時に泊れる様にと、部屋を造ってくれる配慮があったので、私も手伝いの意味で、住宅ローンを組む時に一緒に銀行へ同行したり、建築業者とも立ち会いました。

私が外から見てての二世帯住宅のメリットとデメリットを書かせてもらいます。

まず、デメリットは二世帯住宅でも玄関の一つにした事は少し不便な様な気がしました。

身内ですが、今や外部の私が遊びに行くときなどは、いちいち弟家族の玄関でもある部分を通るので、毎回挨拶をするのは、私も向こうも大変だと感じます。 入り口が一つと言う事は、後になり家族全員が別にすれば良かったと言っていました。

次に両親世帯が二階部分で生活をしていますが、二階の方が断線日当たりが良いので、一階の弟家族には申し訳ないと感じる点から、どちらが上とか下とかの問題の取り決めては難しいと感じました。

メリットに関しては、お互い具合が悪い時などにすぐに助け合える点や、お互いが用事で出かける時でも、ちょっと夕飯の支度をお互いが助けることが出来る点は二世帯住宅の良い点だと感じます。

また二世住宅の場合は全員が留守になる事が少ないと思うので、防犯面ではとても安心できると感じます。

冬場は家に居る方が夕方になると暖房をつけて置いてあげるとか、真夏はエアコンを入れて置いてあげるとかも出来るので、生活はしやすいと感じます。

総合的に見ると、とても賑やかですし、家族が助けあえるという点から見ても、二世帯住宅の暮らしはとても快適だと外から見ている私は感じています。